コロナの自粛期間は、猫背気味になってしまったり、前かがみの姿勢にどうしてもなりやすく、背中の筋肉を動かさないことが多かったかと思います。

背中の筋肉が固まってしまうと、肩甲骨が動きにくくなり、呼吸も浅くなってしまいます。

呼吸が浅くなってしまうと、酸素、血流不足で、さらにコリがひどくなってしまい、頭痛が起きたり、寝ても疲れが取れない、、、などの症状が出てきます。

自分ではなかなか手が届かない場所であり、首肩コリの原因が、背中から、ということもありますので、最近ボディケアに行っていなかったという方は、ぜひ背中が滞っていないか、チェックしにお越しくださいね。

良い姿勢にしようと思っても、固まりすぎて、難しい、、、という方も、いったんゆるめることで、良い姿勢がとりやすくなります。

背中の血流が良くなれば、もちろん美肌効果も◎

背中を柔らかくして、だるさ、疲労感を吹き飛ばしましょう♪